あおみ建設

海・空・地球の3つの「あお」を守り、育てて、輝ける未来へ

ホーム工事写真工事写真

工事写真

2018年3月

3月作業場状況(全体)


手前がケーソン製作場所、左奥がケーソン仮置き場所
ケーソンは、2函共完成しました。
海上打継場で製作完了し、完成後仮置場へ曳航し仮置きします。
3月に入ってから雪は、ほとんど降らなくなりましたがまだまだ寒いです。

3月28日 工事完成日 3月29日 竣工検査
進捗率100%(3月28日現在)

D5・D6ケーソン8層目及び完成、仮置

ケーソンは、8層目の型枠組立・コンクリート打設・型枠脱型・足場撤去を行った後、タグボートで仮置場まで曳航し、ケーソン内部に注水してケーソンを沈降させ仮置きします。
ちなみにタグボートは、3,600馬力あります。
8インチ水中ポンプを4台使用して注水し、8時間ほどかけて沈めて仮置きします。

鉄筋組立状況

型枠組立状況

コンクリート打設状況

コンクリート天端均し状況

型枠脱型状況

ケーソン完成

ケーソン曳航状況

ケーソン仮置位置への誘導状況

ケーソン注水仮置状況

ケーソン仮置完了

2018年2月

2月作業場状況(全体)


現場全体(左側 D5ケーソン、右側 D6ケーソン)
ケーソンは、2函を製作中です。
2函のケーソンは、海上打継場で製作中です。
D5ケーソンは、7層目から8層目を行っています。
D6ケーソンは、6層目から7層目を行っています。

進捗率87.5%(2月28日現在)

D5ケーソン7層目


型枠組立
型枠組立は、下層から上層へスライド式なので組み立てているというよりは、せり上げているといった方がいいのかもしれません。
2月初旬は、とても寒く海も一部凍っています。

コンクリート打設

コンクリート養生(スチーム養生)

D5ケーソン8層目

足場の設置、鉄筋の組立を行っております。鉄筋組立前に材料である鉄筋が雪に埋もれているため、除雪を行っています。鉄筋の上に除雪シートを設置して、人力での雪かきの労力を減らしています。人力では、半日程度かかりますが、シートを使うと2時間程度で除雪できます。

鉄筋組立の前の雪かき(除雪シート)

鉄筋組立状況

D6ケーソン6層目

コンクリート打設、養生を行っています。

コンクリート打設

コンクリート養生状況(スチーム養生)

D6ケーソン7層目

鉄筋組立、型枠組立、コンクリート打設、養生を行っています。

鉄筋組立状況

型枠組立状況

コンクリート打設状況

コンクリート養生状況(スチーム養生)

2018年1月

1月作業場状況(全体)


現場全体(左側 D5ケーソン、右側 D6ケーソン)
ケーソンは、2函を製作中です。
2函のケーソンは、海上打継場で製作中です。
D5ケーソンは、6層目から7層目を行っています。
D6ケーソンは、5層目から6層目を行っています。

200t吊クローラクレーンの追加


200t吊クローラクレーンを追加しました。
ケーソン2箇所を同時に施工し、工期を短縮するため200t吊クローラクレーンを追加しました。

D5ケーソン6層目 2018年1月10日

コンクリートポンプ車2台を使用して、コンクリートを打設しています。
この時期では珍しく雪がありませんので、作業が順調に進みます。

コンクリート打設状況

脱枠状況

D5ケーソン7層目 2018年1月30日


鉄筋組立状況
鉄筋組立を行っています。

D6ケーソン5層目

鉄筋組立、型枠組立、コンクリート打設を行っています。養生は、スチーム養生の中の状況です。

鉄筋組立状況(2018/1/9)

型枠組立状況(2018/1/13)

コンクリート打設状況(2018/1/18)

コンクリート養生状況(スチーム養生)(2018/1/20)何も見えませんが...

D6ケーソン6層目

養生完了後、鉄筋組立及び型枠組立を行っています。

鉄筋組立状況(2018/1/26)

型枠組立状況(2018/1/29)

2017年12月

12月作業場状況(全体) 2017年12月20日


現場全体(左側 D5ケーソン、右側 D6ケーソン)
ケーソン2函を製作中です。
2函のケーソンは、海上打継場で製作中です。
D5ケーソンは、5層目から6層目を製作しています。
D6ケーソンは、4層目を製作しています。

D6ケーソン進水・仮置(2) 2017年11月29日


D6ケーソン進水・仮置状況
D6ケーソンをフローティングドック(ケーソン製作台船)上で3層目迄製作し、フローティングドックから進水(台船から降ろす)し、海上打継場へ浮かべた状態で曳航(ボートでケーソンを引いて航行すること)し仮置きします。

D5ケーソン5層目 2017年12月4日


D5ケーソン5層目コンクリート打設状況
コンクリートポンプ車2台を使用して、コンクリートを打設しています。

D6ケーソン4層目

D6ケーソンをフローティングドックより進水し、海上打継場へ仮置きを行いました。打継を行うためケーソン外周に足場を設置しています。その後、鉄筋・型枠を組み立ててコンクリート打設を行います。また、12月よりコンクリートの品質を確保するため、冬期養生(スチーム養生:構造物をシートなどで覆い、コンクリートを暖め湿潤な環境を保ち保温する事)を行っています。

D6ケーソン4層目足場設置状況 2017年12月2日

D6ケーソン4層目鉄筋組立状況 2017年12月6日

D6ケーソン4層目型枠組立状況 2017年12月9日

D6ケーソン4層目打設前日の養生状況(打設箇所の練炭による保温及びシートでの覆い) 2017年12月19日

D6ケーソン4層目コンクリート打設状況 2017年12月20日

D6ケーソン4層目コンクリート養生状況(スチーム養生) 2017年12月21日

D5ケーソン6層目 2017年12月14日


D5ケーソン6層目鉄筋組立状況 2017年12月14日
養生完了後、鉄筋を組み立てています。

2017年11月

11月作業場状況(全体)

ケーソンを2函製作中です。
フローティングドックでは、D6ケーソンを製作、海上打継ぎでは、D5ケーソンを海上に浮かべている状態で製作しています。

手前がD6ケーソン、奥がD5ケーソン
D5ケーソン5層目の型枠組立及び鉄筋組立作業を行っています。

D5ケーソン5層目型枠組立

D5ケーソン5層目鉄筋組立
フローティングドックでは、D6ケーソン3層目の型枠組立及びその後コンクリートの打設を行っています。

D6ケーソン3層目型枠組立

D6ケーソン3層目コンクリート打設